サイト内の現在位置

クロノスインターナショナルからのお知らせ(最新情報)

カナダ、電子渡航認証(eTA)導入に関して

2016年11月21日

現在、eTAを取得していないために、出発当日予定の便に搭乗できないケースが散見されるようです。カナダを目的地とする場合だけでなくカナダを経由してアメリカ等第3国へ乗り継がれる場合もeTAが必要ですので、ご注意いただけますようにお願い申し上げます。


ビザが免除されている国の渡航者*(日本国籍は該当)は、カナダ行きの航空機に搭乗する際、事前にeTAを入手しておく必要があります。
米国市民と有効なビザを保持している人はこの要件の対象外となります。なお、陸路または船でカナダに渡航する場合の入国要件は変更ありません。
eTAの申請には、パスポートとクレジットカード、Eメールアドレスが必要となります。eTAは発行手数料7カナダドルで5年間有効です
ただし、日本国籍の留学生、一時就労者(ワーキングホリデーの方)に関しては、2015年8月1日以前に就学許可証/就労許可証の発給を受けていて、カナダから空路で出国と再入国を予定している場合はeTAが必要です。
eTAが必要となる国籍や申請の要否についての詳しい情報については、以下のカナダ政府のウェブサイトをご確認ください。

eTA - Electronic Travel Authorization          
http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta-facts-ja.asp (日本語)
http://www.cic.gc.ca/english/pdf/eta/japanese.pdf(日本語)
* ビザが免除されている国の渡航者とは、カナダ市民以外で観光ビザを取得する必要がない国籍の人を指します