サイト内の現在位置

アメリカン航空の最新情報(ニュース・キャンペーン)

成田‐シカゴ線にボーイング787型ドリームライナー導入

2015年05月07日

東京発 ― アメリカン航空は、東京の成田国際空港(NRT)とシカゴのオヘア国際空港(ORD)を結ぶ直行便を今年8月19日からボーイング787型ドリームライナー機により運航することを発表しました。両都市間を旅行されるお客様は、8月19日より、ドリームライナーで一層快適な空の旅をご体験いただけます。また運航スケジュールも、現在の週5便からデイリー便に拡大されます。

エコノミークラス

メインキャビンには、足元のスペースが最大6インチ延長された48席のメインキャビンエクストラシートが3-3-3に配置され、また150席のメインキャビンシートも同じく3-3-3に配置されます。いずれのシートにも9インチのパナソニック製タッチスクリーン付きHDモニターが装備され、さまざまな映画、TV番組、ゲーム、およびオーディオをお楽しみいただけます。またすべてのメインキャビンシートには、AC電源とUSBジャックも装備されています。

ビジネスクラス

アメリカン航空の787-8型機は2クラスの客室構成を採用し、ビジネスクラスには28席の完全なライフラットシートを1-2-1に配置します。このカスタムデザインの前向きと後ろ向きのシートはいずれも直接通路からアクセスすることができ、ビジネスクラスのお客様に客室内でさらに自由に移動していただけるようになります。この機材には衛星Wi-Fiが装備され、海外へのご旅行の際にも常にインターネットに接続可能です。ビジネスクラスの機内エンターテインメントもさらに拡充され、各席では16インチのパナソニック製タッチスクリーン付きHDモニターにより、最大で250本の映画と180本のTV番組をお楽しみいただけます。また、ビジネスクラスのお客様にはBose® QuietComfort® アコースティック・ノイズ・キャンセリング®ヘッドセットと小型イヤホンもお使いいただけます。各席にはユニバーサルAC電源とUSBジャックも装備されています。

アメリカン航空のアジア・カナダ・ヨーロッパ担当上席副社長であるスザーヌ・ボーダ(Suzanne Boda)は、次のように述べています。「787型機はその非常に優れた効率により、東京をはじめとするアジア市場の長距離便に適した航空機です。アメリカン航空は現在42機のボーイング787型機を発注していますが、これらの航空機の納入と運航開始により、さらに新しく、近代的な、また効率的な機材群が実現します。さらにもうひとつ嬉しいお知らせとして、東京・シカゴ間の便数を拡大し、この路線でのデイリー運航を開始いたします。」

海外ツアーのお問合せ

電話でのお問合せ 03-5501-7799 受付時間:月~金 10:00~18:00、土 10:00〜13:00

  • メールでお問合せ