サイト内の現在位置

デルタ航空の最新情報(ニュース・キャンペーン)

世界初となる全席個室タイプのビジネスクラスを発表

2016年08月23日

 デルタ航空は2017年秋から運航開始予定のエアバスA350型機に、全席が個室タイプのビジネスクラスを導入します。他社で導入済みの個室キャビンは現時点で全てファーストクラスですのでビジネスクラスの各座席にスライド式ドアを設置するのは世界で始めて。座席配置は交互にずれるスタッカードタイプでファーストクラスの様に優雅な個人スペースは確保されておりませんが、前席の空いたスペースを活用して全席通路に面したフルフラットな空間を用意しています。

快適性とプライバシーを重視してデザインされた「デルタ・ワン」スイートは、スライド式ドアで仕切られたプライベートな空間に、使いやすさに配慮した個人用収納スペースを設け、最新の機内エンターテインメントシステムと高級感のある内装により、居住空間のように快適な、他にはないビジネスクラス体験を提供します。

「デルタ・ワン」スイートには、デルタ航空が8年前にビジネスクラスに導入した「全席通路側のフルフラットベッドシート」という特徴に加え、次の新設備が追加されます。

  • 各スイートに充分な高さのスライド式ドア
  • 中央の2席の間にはプライバシーを保つための可動式仕切り
  • 各スイートごとに個別調整が可能な照明
  • パソコンやヘッドフォン、靴を収納できる専用スペース
  • 現代的デザインを取り入れた高級感のある内装
  • 形状記憶機能付きのクッション
  • 米国航空会社最大の18インチの高解像度個人用モニター
  • ユニバーサル電源と高性能USBポート

「デルタ・ワン」スイートは、まず2017年秋に運航開始予定のエアバスA350型機に32室設置されます。A350への導入後、ボーイング777型機に設置予定です。デルタ航空は米国航空会社の中で最初にA350を受領し、主に米国-アジア間の路線に使用する予定です。

デルタ航空の上級副社長兼最高マーケティング責任者、ティム・メイプス(Tim Mapes)は次のように述べています。「デルタ航空は常にお客様の声を聞き、お客様が求める機内設備やサービスを提供するよう努めています。2008年に全席通路に面したフルフラットベッドシートの導入により業界標準を築いたように、デルタ航空は再び、国際線ビジネスクラスのレベルを引き上げることになります。機内での快適性とプライバシーが高まることはビジネストラベラーの皆様にとって大変重要であり、それが全く新しいスイートタイプのデルタ・ワンのデザインにつながりました。」

デルタ航空では、2014年に全ての国際線長距離用ワイドボディ機材に、全席通路側のフルフラットベッドシートの導入を完了しました。デルタ・ワンのサービスには、シェフ監修の機内食、マスターソムリエのアンドレア・ロビンソンの選定によるワイン、ウェスティンホテル開発のヘブンリー寝具、ノイズ・キャンセリング機能付きヘッドセット、キールズのプレミアムスキンケア製品入りのTUMIアメニティキット、および機内用ラウンジウエア(一部国際線長距離路線のみ対象)が含まれます。


デルタ航空では機内設備とサービス、顧客エクスペリエンスの向上に多大な投資をしており、合計数百機にのぼる新機材の発注や機内刷新プログラムを進めています。機内刷新プログラムには、新シートの導入、エンターテインメントシステムの刷新、頭上の棚スペースの拡大、新型の化粧室、個別調整が可能な照明機器、ほぼ全ての機材でのWi-Fiサービスの提供などが含まれています。 

海外ツアーのお問合せ

電話でのお問合せ 03-5501-7799 受付時間:月~金 10:00~18:00、土 10:00〜13:00

  • メールでお問合せ