サイト内の現在位置

シンガポール航空の最新情報(ニュース・キャンペーン)

12月からシドニー線のA380に新キャビン導入

2017年11月09日

2007年に世界で初めてA380の運航を開始したシンガポール航空は2017年の12月から10年前と同じシドニー線に新キャビンを導入すると発表しました。新しいシンガポール航空のA380は4クラスの471席で構成され、6席のシンガポール航空スイートと78席のビジネスクラス席がアッパーデッキに、44席のプレミアムエコノミークラス席、343エコノミークラス席がメインデッキでの配列となっています。

アッパーデッキのフロントキャビン内に広々と収納された6つのスイートでは、シンガポール航空A380ならではのプライバシーが経験できます。

スィート

スライドドアを開けると贅沢な家具と仕上げが施された個人用スペースのスイートには調節可能なリクライニングと豪華な椅子を備えた独立したフルフラットベッドが備わり、いつでも快適に椅子に座ったり、ベッドに横たわったりすることができます。一緒に旅行するお2人連れのために各通路の最初の最前列2つのスイートのベッドは、ダブルベッドに変換することができます。

ビジネスクラス

日本のJAMCO社がシンガポール航空の為に設計したビジネスクラスは軽量のカーボン複合材料に加えて、優雅で上品な革と生地を使用したモダンでオーガニックカラーで仕上がってます。
 
幅25インチのビジネスクラスシートは、快適な背もたれのサポートのために2つのサイドウィングを備え、快適なフルフラットベッド(78インチ)にそのままリクライニングします。18インチハイビジョンタッチスクリーンモニターで映画を見る場合はサンデッキ仕様でも利用できます。

すべての座席に大きなバックシェルを使用することで、周囲からは独立したような気分が味わえます。センターデバイダーを完全に下げるとビジネスクラスでもダブルベッドを作ることができ、センターシートは一緒に旅行する家族などのお客様に最適です。

プレミアムエコノミー

プレミアムエコノミークラスは現代的でスタイリッシュなデザイン。シートの幅は19.5インチで、8インチのリクライニングとシートのピッチは38インチ。アクティブノイズキャンセリングヘッドフォンと洗練された13.3インチのフルHDモニターにてエンターテインメント体験を提供します。

エコノミークラス

エコノミークラスはRECARO社が設計。改良されたデザインにより、より多くのスペースと快適さを提供します。高度な技術と人間工学に基づいたシートは、折畳み可能な羽根を備えた6ウェイの調節可能なヘッドレストにより、足裏と背中のサポートがさらに充実しています。

11.1インチのタッチスクリーンモニターはスカイトラック社の賞を受賞したシンガポール航空の機内エンターテイメントシステム(KrisWorld)で最新の映画をお客様へより快適にご提供いたします。
 
他の機能には、シートバックスクリーンの下に設置された特許取得の非侵入型読書灯、小さな個人用収納スペース、コートフック、座席式電源、調節可能な位置の人間工学的に設計されたフットレストが含まれます。

海外ツアーのお問合せ

電話でのお問合せ 03-5501-7799 受付時間:月~金 10:00~18:00、土 10:00〜13:00

  • メールでお問合せ