サイト内の現在位置

シンガポール航空の最新情報(ニュース・キャンペーン)

関空(618/619便)がドリームライナー 787-10に

2018年05月03日

今回導入されるB787-10型機には、大型の窓や手荷物棚を備え、過ごしやすい機内環境(照明・湿度・騒音低減)を実現した機内に、ビジネスクラスとエコノミークラスの2クラスを設定いたしました。 各クラスには、人間工学に基づいて設計された新しいシート、フルHD対応タッチスクリーンを備えたパーソナライズ可能なエンターテインメント「myKrisWorld」、機内Wi-Fiなど最新の機内設備を装備しており、より心地よく、そして充実したひとときをお過ごしいただけます。

これまで羽田/成田以外の日本線で運用されてたエアバス330のフルフラットにならないビジネスクラスはいかがなものかと思っておりましたがシンガポール=バンコク線などでの試用運航を経て2018年5月16日より関空(622/623便)、本年度中には福岡便・名古屋便への導入を目指し認可申請中です。

逆に、2018年5月18日よりSQ638便(シンガポール⇒成田)、2018年5月19日よりSQ637(成田⇒シンガポール)へも787-10が導入されますが、こちらは777からの変更ですので長距離機材から近距離用にサイズダウンとなります。
 

ビジネスクラス

・シート数 36席 
・シート配列 1-2-1 
・シートピッチ 約44 インチ 
・シート幅 約26 インチ(最大) 
・リクライニング フルフラット 
・モニター 18インチ(フルHD・タッチスクリーン) 
・AC電源 装備(1箇所/1席) 
・USBポート 2ポート 
・ヘッドフォン ノイズキャンセリングヘッドフォン

・ステリア・エアロスペース社製の新シートは、全席が通路に面しながらも、高いプライバシー性を確保しています。
・中央のお座席は仕切りを備え、お客様のお好みで高さを調整することができます。
・タブレットや書籍を置ける収納スペースや鏡、電源、USBポートや、明るさが調整可能な多機能読書灯などを備えています。
・世界的ブランド「NARUMI」の陶器でお食事をお楽しみいただけます。

エコノミークラス

・シート数 301席 
・シート配列 3-3-3 
・シートピッチ 約32インチ 
・シート幅 約18インチ
・モニター 11.6インチ(フルHD・タッチスクリーン)
・AC電源 装備(2箇所/3席) 
・USBポート 2ポート 
・ヘッドフォン インナーイヤー型イヤホン

・レカロ社製の新しいシートは、体にフィットする背もたれや、6段階の調整が可能なヘッドレストを備えています。
・薄型のシートデザインを採用することで、足元により広い空間を確保しています。
・小さなお手回り品を収納できるスペースやコートフックを備えています。
・クラス最大級、11.6インチ フルHDのタッチスクリーンモニターで1,000以上のコンテンツをお楽しみいただけます。

マイクリスワールド

・エンターテイメントシステム “ myKrisWorld “はパナソニック社製のeX3システムを採用しており、日本語での操作に対応しています。
・お手持ちのスマートフォンにSingaporeAir モバイルアプリをインストールすることで、使い慣れた端末で操作することができます。
・視聴履歴に基づくお薦め作品やお客様が作成したプレイリストを表示・再生したり、見終わらなかったコンテンツを次便で途中から再生することができます。 (要サインイン)

海外ツアーのお問合せ

電話でのお問合せ 03-5501-7799 受付時間:月~金 10:00~18:00、土 10:00〜13:00

  • メールでお問合せ