サイト内の現在位置

マレーシア航空の最新情報(ニュース・キャンペーン)

成田/ロサンゼルス線 5月より運休

2014年01月29日

マレーシア航空からのご案内
 

マレーシア航空 路線再編成にともなうクアラルンプール – ロサンゼルス線の運休について

マレーシア航空は、路線再編成にともない2014年5月2日より、ロサンゼルス線を運休いたします。
マレーシア航空CEO、アハマド・ジャウハリ・ヤハヤは、「マレーシア航空は、ロサンゼルスに長くかかわってまいりましたが、この路線においては採算が合わなくなっております。 このマイナス状況の要因として、座席数の過剰供給、運賃値下げ競争による客単価の低下、B777機材の高運航コスト、そして継続的な燃料代の高騰が挙げられます。 定期的な見直しを行う上で、これらの要因がマレーシア航空グループの収支を圧迫しているという結論に至りました。」とコメントいたしました。

今回の路線再編成による、アジアにおける人気デスティネーションとしてのマレーシアへの影響は、ワンワールド・パートナーとのコードシェア便強化により、最低限に抑えることができます。

マレーシア航空は引き続き、マレーシアとアメリカ合衆国間、また他の国際主要都市との接続性を強化し、関係当局との協力のもと、マレーシアへの旅行者増加に努めてまいります。 そしてこの接続性の強化は、マレーシア航空のアジア、ヨーロッパにおける更なるゲートウェイ都市の可能性を見出すことができます。

現在マレーシア航空は、ワンワールド・アライアンス・パートナーである、アメリカン航空、日本航空とのコードシェア便により、クアラルンプールとアメリカ合衆国の主要都市を1回の乗り継ぎにより、シームレスに結んでいます。

クアラルンプールからヨーロッパ、または日本経由でアトランタ、ボストン、ワシントンDC、ヒューストン、ミネアポリス、ポートランド、シアトル、サンフランシスコ、ラスベガス、サンディエゴ、ホノルル、ローリーに乗り継ぎが可能です。
マレーシア航空は今後、中流階級、および世界・地域内での貿易の更なる成長と増加が見込まれるアジア地域に軸足を置き、その需要にこたえるべく路線展開を図ってまいります。
この度の路線再編成により、ご利用のお客様には大変なご不便、ご迷惑をおかけいたします事を、深くお詫び申し上げます。
すでに該当便での航空券をお持ちのお客様には、ご不便を最小限に抑えるべく、順次代替便への振り替えを行ってまいります。

以上

海外ツアーのお問合せ

電話でのお問合せ 03-5501-7799 受付時間:月~金 10:00~18:00、土 10:00〜13:00

  • メールでお問合せ